地域を支える「ひろしま”健”民」となることを目指して、広島県民の健康づくりを応援します。

ホーム > 季節のおすすめレシピ > 季節のおすすめレシピ~春~

季節のおすすめレシピ
  • 季節のおすすめレシピ~春~

調理時間30分

休日のランチは「桜色!」~春の香りに誘われて…こころ弾む炊き込みごはん~
栄養(1人分)

桜えびと筍の炊き込みごはん 卵巻き
365kcal、たんぱく質:12.2g、脂質:5.5g、食塩相当量:1.7g

材料

桜えびと筍の炊き込みごはん 卵巻き

1合 1こ
桜えび(乾燥) 10g 片栗粉 小さじ1/4
筍(下茹でしたもの) 50g 小さじ1/4
白だし 大さじ1と1/2 サラダ油 小さじ1/2
料理酒 小さじ1/2 みつば 10本
桜えびと筍の炊き込みごはん 卵巻き

  • [1] 飯を炊く。

    1.鶏肉は筋を切り、厚みが均等になるよう広げてくるくると巻き、たこ糸で縛る。

    2.筍は薄切りにする。

    3.1に桜えび、2に調味料を入れ、炊く。

    桜えびと筍の炊き込みごはんのできあがり!


  • [2] 薄焼き卵を作る。

    1.ボウルに卵を割り入れ、よくかき混ぜる。

    2.1に水溶き片栗粉を入れ、かき混ぜる。

    3.中火に熱した卵焼き器(またはフライパン)に薄く油をひき、卵を少量流し入れて焼く。

    4.全体に火が通ったら、ひっくり返し、軽く焼いてバットにとる。

    [3] みつばを茹でる。

    1.熱湯に茎から順にみつばを入れて5秒くらい茹でる。

    2.手早く冷水にとり、水気を切る。


  • [4] 焼き卵を巻く

    1.巻き簾にラップを敷き、薄焼き卵をのせ、炊き込みごはんを卵の手前にのせて巻く。

    2.5等分に切り、みつばを結ぶ。

    春の桜色ランチのできあがり!!

ワンポイントアドバイス
・薄焼き卵はといた卵をザルでこすとよりきれいに仕上がります。
・薄焼き卵で巻いたら、少し時間を置いてから切ると卵とごはんがなじみます
おすすめの献立
・桜海老と筍の炊き込みごはん 卵巻き
・鶏つくねの照り焼き
・菜の花の辛し和え
・新わかめのごま炒め

資料提供:(公社)広島県栄養士会

四季のレシピトップに戻る


ひろしま健康づくり県民運動推進会議
ホームに戻る
季節のおすすめレシピ

季節のおすすめレシピ季節の食材を使ったおすすめレシピをご紹介

ワクワク新生活♪春を感じるお弁当の常備菜
栄養(1人分)

桜えびと筍の炊き込みごはん 卵巻き365kcal、たんぱく質:12.2g、脂質:5.5g、食塩相当量:1.7g

309kcal、タンパク質18.5g、塩分1.8g

材料(作りやすい分量)

桜えびと筍の炊き込みごはん 卵巻き

1合
1こ
桜えび(乾燥) 10g
片栗粉 小さじ1/4
筍(下茹でしたもの) 50g
小さじ1/4
白だし 大さじ1と1/2
サラダ油 小さじ1/2
料理酒 小さじ1/2
みつば 10本
桜えびと筍の炊き込みごはん 卵巻き
ワンポイントアドバイス
・薄焼き卵はといた卵をザルでこすとよりきれいに仕上がります。
・薄焼き卵で巻いたら、少し時間を置いてから切ると卵とごはんがなじみます
ワンポイントアドバイス
・桜海老と筍の炊き込みごはん 卵巻き
・鶏つくねの照り焼き
・菜の花の辛し和え
・新わかめのごま炒め

資料提供:(公社)広島県栄養士会

四季のレシピトップに戻る

事業紹介
季節のおすすめレシピ<span>季節の食材を使ったおすすめレシピをご紹介</span>トップ
広島健康ネット
広島がんネット

ページの先頭へ

  • 事業紹介
  • 協賛会員のご紹介
  • 地域のイベント・研修情報
  • イベント
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ

事務局/公益財団法人広島県地域保健医療推進機構内
734-0007 広島市南区皆実町1丁目6-29 /
TEL:082-254-7111 / FAX:082-254-1168

Copyright© ひろしま健康づくり県民運動推進会議. All Rights Reserved.