地域を支える「ひろしま”健”民」となることを目指して、広島県民の健康づくりを応援します。

ホーム > 季節のおすすめレシピ > 季節のおすすめレシピ~夏~

季節のおすすめレシピ
  • 季節のおすすめレシピ~夏~

調理時間30分

夏を乗り切る!栄養満点そうめんレシピ
栄養(1人分)

夏野菜たっぷりぶっかけそうめん/おくらの三色和え
627kcal、タンパク質24.8g、塩分2.7g

材料(2人分)

夏野菜たっぷりぶっかけそうめん

そうめん 200g きゅうり 1/2本 【A】だし+鶏の蒸し汁 1/2カップ
鶏もも肉 80g かぼちゃ(ナス代用可) 40g 【A】しょうゆ 大さじ2
大さじ1 トマト 1/2個 【A】さとう 小さじ1
生姜汁 小さじ1 青じそ 5枚 【A】レモン汁 大さじ1
    みょうが 1個 【A】すりごま 大さじ2

おくらの三色和え

おくら 5本 【A】白だし 小さじ1
長芋 75g 【A】レモン汁 小さじ1
刺身用サーモン 20g    

夏野菜たっぷりぶっかけそうめんの作り方
  • 1.きゅうりは輪切りにし、塩水(分量外)につけて絞る。かぼちゃは薄く切って、電子レンジで加熱する。
    ※なすの場合は半月切りにし塩水(分量外)につけて絞る
    トマトは1センチ角に切る。青じそはせん切り、みょうがは輪切りにしてそれぞれ水にさらす。

  • 2.鶏もも肉に酒、生姜汁をふり耐熱容器に入れてレンジで 加熱する。(蒸し汁は取っておく)冷めたら角切りにする。

  • 3.そうめんを茹でて器に盛り付けて、上に具材を彩りよく飾り、混ぜ合わせたAを上からかける。(ナス1/2本)

おくらの三色和え
  • 1.おくらは塩で板ずりして茹でて水にさらし1センチ幅に切る。

  • 2.長芋は皮をむいで酢水に漬けて1センチ角に切る。
    サーモンも同様に1センチ角に切る。

  • 3.おくら、長芋、サーモンをAで和える。
    レモンの皮(国産)をせん切りにしてのせる。

ワンポイントアドバイス

★暑くて食欲のない時、口当たりのよいものばかりを食べていると、栄養も偏りがちになります。
単品になりがちな麺類も具材をたくさんのせれば栄養バランスのよい一品になります。

★おくら、長芋などネバネバ食品に含まれるムチンは、胃壁を保護して免疫力を高めてくれます。

資料提供:(公社)広島県栄養士会

四季のレシピトップに戻る


ひろしま健康づくり県民運動推進会議
ホームに戻る
季節のおすすめレシピ

季節のおすすめレシピ

夏休み親子で作る朝ごはん
栄養(1人分)

夏野菜たっぷりぶっかけそうめん/おくらの三色和え
627kcal、タンパク質24.8g、塩分2.7g

材料(2人分)

夏野菜たっぷりぶっかけそうめん

そうめん 200g
鶏もも肉 80g
大さじ1
生姜汁 小さじ1
きゅうり 1/2本
かぼちゃ(ナス代用可) 40g
トマト 1/2個
青じそ 5枚
みょうが 1個
【A】だし+鶏の蒸し汁 1/2カップ
【A】しょうゆ 大さじ2
【A】さとう 小さじ1
【A】レモン汁 大さじ1
【A】すりごま 大さじ2

おくらの三色和え

おくら 5本
長芋 75g
刺身用サーモン 20g
【A】白だし 小さじ1
【A】レモン汁 小さじ1
夏野菜たっぷりぶっかけそうめんの作り方
おくらの三色和え
ワンポイントアドバイス

★暑くて食欲のない時、口当たりのよいものばかりを食べていると、栄養も偏りがちになります。
単品になりがちな麺類も具材をたくさんのせれば栄養バランスのよい一品になります。

★おくら、長芋などネバネバ食品に含まれるムチンは、胃壁を保護して免疫力を高めてくれます。

過去のレシピ
過去の夏レシピ
夏休み親子で作る朝ごはん

暑くても大好きなカレーなら食欲もアップ! 夏野菜をたっぷりトッピングして楽しみましょう。夏の太陽の下で収穫された瀬戸内産ブルーベリーは、甘くてやわらかな酸味があります。 朝食をしっかり食べて、夏をのりきりましょう。

レシピ詳細を見る

資料提供:(公社)広島県栄養士会

四季のレシピトップに戻る

事業紹介
4seasons(季節のレシピ)トップ
広島健康ネット
広島がんネット

ページの先頭へ

  • 事業紹介
  • 協賛会員のご紹介
  • 地域のイベント・研修情報
  • イベント
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ

事務局/公益財団法人広島県地域保健医療推進機構内
734-0007 広島市南区皆実町1丁目6-29 /
TEL:082-254-7111 / FAX:082-254-1168

Copyright© ひろしま健康づくり県民運動推進会議. All Rights Reserved.